ニンテンドースイッチ情報サイト

任天堂のゲーム機、ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)・3DSの情報を紹介するサイトです。

90年代の実写取り込みカルト作『ナイトトラップ』が、NintendoSwitchでリマスター発売決定!

?

f:id:nintendo-switch-mania:20180421141235j:plain

 

1990年代の実写取り込みカルト作『ナイトトラップ』が、NintendoSwitchでリマスター発売決定!

1993年にセガ・メガドライブの周辺機器「メガCD」用ソフトとしてリリースされた、実写取り込みアドベンチャー『ナイトトラップ』

怪作として今もなお語り継がれる本作は昨年、25周年記念リマスター版『Night Trap – 25th Anniversary Edition』として、PlayStation 4とXbox Oneでリリースされました。

そのリマスター版のNintendo Switchでのリリースが決定したようです。

・トレーラー

youtu.be

 

プレイヤーの役割は特殊部隊の隊員。若者が次々と失踪する、謎の事件が起こり続ける邸宅に取り付けた監視カメラを通じ、侵入者の魔の手から、若者を救うことがゲームの目的。

ゲーム性としては、プレイヤーが介入し、操作することで展開が代わっていく、インタラクティブムービーシステムを採用。とはいえ、そのほとんどがバッドエンディングで、しかもやたらとグロいエンディングが多いのが本作が怪作と称される所以です。

 

 

・まさに「次世代」を感じさせるタイトルだった作品

本作はプレイステーション1が発売される少し前、1993年にセガ・エンタープライゼスのゲーム機「メガドライブ」のCD-ROM用周辺機器「メガCD」のソフトとしてリリース。2Dドットが主流であるスーパーファミコン全盛の時代において、CD-ROMの大容量を生かした全編実写映像は、当時流行語となっていたバズワード「マルチメディア」を思わせる、正に”次世代”を感じさせるソフトとなっていました。

 作風そのものは、アメリカのホームドラマ・シットコムのような撮影アングル、そしていかにも怪しい人ですよと言わんばかりの侵入者のいで立ち、ギャグのようなトラップの数々、オカルト・ゴシック要素、80年代風アゲアゲな雰囲気・メイク・髪型などなど、シリアスな題材ながら、全体的にどこか笑いがこみあげるB級映画感が満載。

今回のニンテンドースイッチ版の発売日・価格など詳細は今のところ不明です。