ニンテンドースイッチ&ソキウス101

任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」「Nintendo 3DS」についての情報を集めているサイトです。1日5記事更新目標

Switchでサウンドノベル『送り犬』が7/12リリース。『学校であった怖い話』の飯島 多紀哉氏が手掛ける新作シナリオを収録

?

f:id:nintendo-switch-mania:20180705222644j:plain

 

ニンテンドースイッチ向けサウンドノベル『送り犬』が7/12リリース。『学校であった怖い話』の飯島 多紀哉氏が手掛ける新作シナリオを2作収録

『L.F.O』『俺のケツをなめろ!』『グノーシア』『刑事J.B.ハロルドの事件簿(移植版)』など、芸術性あふれる意欲的な作品を多数展開するメーカー、メビウスはNintendo Switch向けに、サウンドノベル『送り犬』を7月12日にリリースします。

・トレーラー

youtu.be

・『学校であった怖い話』の飯島 多紀哉氏が手掛ける、新作シナリオも収録

多数ユーザーからの人気を獲得したモバイル版の移植タイトル。主人公・財部美穂を中心とした怪奇物語が展開されていきます。エンディング数は20種類以上が用意されるほか、移植に当たり、『学校であった怖い話』『48(仮)』『アパシー』で知られる飯島 多紀哉氏の新作シナリオも収録されています。価格は990円(税込)。